会の目的と活動内容

「さやま猫の会」は
埼玉県狭山市を中心に
狭山市と協働で活動している
猫の福祉団体です

不幸な猫を増やさないために

猫を取り巻く環境は変化しています。猫を病気やケガ、交通事故、連れ去りや虐待から守るため、完全室内飼いが推奨されるようになりました。猫を終生、責任を持って飼育することが、飼い主に求められています

猫の適正飼育のためには避妊去勢手術が欠かせません。猫は多産な生き物です。避妊去勢手術をしない場合、雄と雌がいれば、あるいは屋外への出入りを自由にしていれば、猫はあっという間に殖えます。その結果、

  • 多頭飼育崩壊
  • 飼育放棄による猫の生育環境の劣悪化
  • 繰り返される遺棄
  • 保健所での子猫の殺処分
  • 環境への悪影響

など、深刻な状況が生じることが少なくありません。避妊去勢手術は、猫と飼い主のストレス軽減にもつながります。

さやま猫の会は、増えすぎた猫による問題を地域の皆様とともに解決できるよう、提案、助言、TNR等の支援を行っております。

TNRとは、Trap(捕獲)、Neuter(不妊手術)、Return / Release(元の場所に戻す)の略。飼い主のいない猫を捕獲し、避妊去勢手術を施す活動です。処置時には猫の耳先にV字の切れ込みを入れて、手術済みであることの目印にします。

TNRされたさくら耳の猫

猫の保護活動と里親探し

さやま猫の会では定期的に里親会を開催し、保護された猫たちを、終生大切にしてくださる新しい飼い主様と結びつけるための活動を行っております。上記のとおり、不幸な猫を増やさないために、会の趣旨にご賛同いただける里親様のみに猫を譲渡いたします。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました